サジェスト対策で風評ワードが消えた事例(美容整形クリニック)

近年、美容整形やプチ整形など「美容整形ブーム」が巻き起こっています。

そんな美容整形における問題の一つが自らが希望する容姿にならなかった時や美容整形失敗時のクレームや苦情です。
このようなクレームや苦情は口コミサイトや掲示板といったインターネット上に書き込まれます。
そして、新たに美容整形をしようと考えている人が検索しクレームや苦情が書かれた口コミサイトや掲示板を訪れ参考にします。

弊社へのサジェスト対策のご相談でも美容整形外科や美容整形クリニックからのお問い合わせは多く、その殆どが上記に関連するネガティブな風評キーワードの対策です。

例えば、美容整形外科や美容整形クリニックの名前で検索した際に
「美容整形外科名 失敗」
「美容整形外科名 下手」
「美容整形クリニック名 裁判」
「美容清家クリニック名 事故」
のように、ネガティブを連想させる風評キーワードがサジェストや関連キーワード(虫眼鏡箇所)に表示されているようなケースでのご相談です。

なぜなら、美容整形をしようと考えている人は、必ずと言っていいほど美容整形外科や美容整形クリニックを比較検討します。
また、比較検討の材料とするのが、インターネット上に溢れる情報です。

そのユーザーが比較検討する際に真っ先に検索するのが比較検討をしている美容整形外科名や美容整形クリニック名です。
サジェストや関連キーワード(虫眼鏡箇所)にポジティブなキーワードが表示されていれば問題ありませんが、「失敗」「事故」などのネガティブを連想させるキーワードが表示されていたら、検索ユーザーはどのような気持ちになるでしょうか?
その美容整形クリニックに対し不安や心配といった気持ちが高まり、該当の美容整形外科は比較検討の対象から外されてしまいます。

勿論、実際に失敗が多くいい加減な美容整形外科や裁判沙汰になった美容整形クリニックが存在していることも事実としてありますが、事実無根の風評被害にあっているクリニックも少なくありません。

弊社では、そのような風評被害を払拭すべくサジェスト対策を行っております。
実際に弊社でサジェスト対策を行い、サジェストや関連キーワード(虫眼鏡箇所)からネガティブな風評キーワードが消えたことにより、お問い合わせやお問い合わせ後の成約率が増加したとお喜びのご報告をいただいております。
逆に考えると、サジェストや関連キーワード(虫眼鏡箇所)のネガティブな風評キーワードがお問い合わせやお問い合わせ後の成約率を落としている可能性があるのです。

追記

弊社クライアントからお喜びのご報告がありましたので、ご共有させていただきます。
(クライアントからクリニック名を出さないことを前提に許可をいただいております)

過去、6ヶ月におけるお問い合わせからの離脱率が前年同時期に比べて50%以上下がったとのご報告をいただきました。
正確な数字を申し上げることはできませんが、仮にお問い合わせからの離脱数が前年同時期は6ヶ月で100件あった場合、直近の6ヶ月は50件に下がったということです。
つまり単純に考えると、50件のお問合せが増加したということになります。

日々、様々なお悩みを抱えてご相談の多い美容整形外科や美容整形クリニックという業界だからこそ、様々な風評につながるキーワードがサジェストに表示される可能性が高まります。
現在は、風評を臭わせるサジェストキーワードはなくクリーンな状態ですが、常にサジェストや関連キーワードを監視しています。
今後もネガティブなキーワードが表示されないように、また、表示されてもすぐに対策できるよう、継続してクライアントのマーケティングのサポートを行ってまいります。

このような風評被害でお困りの美容整形外科様や美容整形クリニック様がいらっしゃいましたら、先ずは以下のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

※現在、大変多くのお問い合わせをいただいている関係上、お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
大変恐縮ですが、本お問い合わせフォームよりご連絡お願いします。

    貴社名

    ご担当者様名【必須項目】

    メールアドレス 【必須項目】

    お電話番号

    ご希望の連絡方法 【必須項目】

    お問い合わせ種別 【必須項目】

    お問い合わせ内容

    当Webサイトへの各種お問い合わせは、個人情報保護方針 にご同意の上、お送りください。

    ※個人情報保護方針にご同意いただけないと「送信」できません。


    上記フォームから送信ができない場合は、info@rumor-solution.com にお問い合わせください。

     

    関連記事

    関連記事一覧