【アルゴリズム更新】Googleサジェスト・パソコン検索時の最大表示数を8から10キーワードに変更

  • HOME
  • ブログ
  • TOPICS
  • 【アルゴリズム更新】Googleサジェスト・パソコン検索時の最大表示数を8から10キーワードに変更

2022年6月13日の投稿で速報しましたGoogleサジェスト(パソコン検索)の最大表示数の変更について。

【アップデート】Googleサジェスト・パソコン検索時の最大表示数を変更か

Googleから正式な発表が出たわけではありませんが、Googleサジェストのアップデート状況が落ち着いたようですので、本ブログにてご報告いたします。
先に結論から申し上げますと、Googleサジェストの表示枠が8キーワードから10キーワードに拡大されました。

Googleサジェスト(パソコン検索)最大表示数のBefore After

Googleサジェスト(PC)8KW

Googleサジェスト(パソコン検索)
Before(8キーワード)

Googleサジェスト(PC)10KW

Googleサジェスト(パソコン検索)
After(10キーワード)

上記、Before Afterの画像をご覧いただくと、以前は8キーワード表示されていたGoogleサジェストが、アルゴリズムアップデート後は10キーワード表示されていることがお分かりいただけます。

他のキーワードについても、確認してみましょう。

キーワード「Googleサジェスト」のBefore After

Googleサジェスト(PC)8KW_検索キーワード「Googleサジェスト」

Googleサジェスト(PC)Before(8KW)
検索キーワード「Googleサジェスト」

Googleサジェスト(PC)10KW_検索キーワード「Googleサジェスト」

Googleサジェスト(PC)After(10KW)
検索キーワード「Googleサジェスト」

キーワード「企業名」のBefore After

Googleサジェスト(PC)8KW_検索キーワード「企業名」

Googleサジェスト(PC)Before(8KW)
検索キーワード「企業名」

Googleサジェスト(PC)10KW_検索キーワード「企業名」

Googleサジェスト(PC)After(10KW)
検索キーワード「企業名」

Googleサジェスト(パソコン検索)最大表示枠の拡大・まとめ

今回のGoogleサジェストのアップデートにより、これまでGoogleサジェストの9位以下に隠れていたキーワードが顕在化された形です。

Googleサジェストの表示枠数の拡大は、企業やブランドにとって、マイナスに働く場合があります。
潜在していたキーワードが顕在化されたことにより、企業名やブランド名などの検索キーワードで、ネガティブワードが表示されてしまったケースもあります。

企業名やブランド名で検索した際にマイナスなイメージをもたらす風評キーワードが表示されることは、企業やブランドの活動にとって大きなマイナスです。
Googleサジェスト汚染はいち早く対策を講じた方がいいでしょう。

お問い合わせ

※現在、大変多くのお問い合わせをいただいている関係上、お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
大変恐縮ですが、本お問い合わせフォームよりご連絡お願いします。

    貴社名

    ご担当者様名【必須項目】

    メールアドレス 【必須項目】

    お電話番号

    ご希望の連絡方法 【必須項目】

    お問い合わせ種別 【必須項目】

    お問い合わせ内容

    当Webサイトへの各種お問い合わせは、個人情報保護方針 にご同意の上、お送りください。

    ※個人情報保護方針にご同意いただけないと「送信」できません。


    上記フォームから送信ができない場合は、info@rumor-solution.com にお問い合わせください。

     

    関連記事

    関連記事一覧